2018年5月14日月曜日

伏見十石舟



新緑の京都にて
江戸時代の海運の気分を味わう
伏見十石舟

中書島の月桂冠大倉記念館の裏から
出発して三栖閘門まで往復3kmの船旅

その昔の淀川の海運で大阪→京都方向は
岸からの曳き船だったとのこと
曳き船人夫さんはタフでした

2 件のコメント:

  1. みいちゃん2018年5月14日 5:39

    KATOちゃん

    伏見にこんなとこがあったんですネ~。
    と言っても、行ったことはないんです。
    伏見の酒は、飲んだことあるんやけど・・。
    一度、ふらっと言ってみようか。

    返信削除
    返信
    1. まさに「ふらっと」行くには最適なところです。幕末にタイムスリップもできます。

      削除