2018年1月25日木曜日

富山紀行7〜ご馳走


件の瑞龍寺は禅寺である
禅寺といえば庫裏つまり厨房に
祀られることが多いのがこの韋駄天

「ご馳走」というのは釈尊のために
韋駄天が駆け巡って食物を集めたとの
俗信に由来するそうな
だから彼は厨房の守護神ということ

ちなみに像容を見てのとおり
韋駄天が駆け抜けていたのは
地面ではなくて天空です

2 件のコメント:

  1. みいちゃん2018年1月25日 13:58

    KATOちゃん

    そういえば、“速く走る人”を韋駄天と言いますナ~。

    返信削除
    返信
    1. はい 韋駄天走りのほうが遥かにポピュラーです。その速さの使いみちが食事のため というのが面白いと思いました。

      削除