2014年11月7日金曜日

大宰府は春


私らの世代は
太宰府→飛梅→風見鶏/さだまさし
という回路が出来上がっていて
行ったこともないくせに
知った気になっている傾向がある
おまけに季節を問わず 「春」 になっちゃうのだ

余談になるが この歌の最後の
「いずれにしても春」 というのは
なんと言うか 人間の決心を
表したフレーズに思えて仕方がない

そんなことを思い持ちながら
「風見鶏」 を聞いてみるのも一興かと

0 件のコメント:

コメントを投稿